命名に悩んでしまったら?!覚えておきたい三ヶ条

両親が決めるのがベスト!

大切な我が子に、素敵な名前を付けてあげたい!と思えば思うほど、名前を決めかねてしまいますよね。何か良い名前はないか、他の人にも相談してみたい!という気持ちに駆られます。しかし、命名は父親と母親だけで決めるのがベストです。多くの人の意見を参考にするほど、余計に候補が増えてしまい、ますます決められないという悪循環に陥ってしまうからです。自分たちの子供なのですから、責任を持って二人が納得する名前を命名しましょう。

姓名判断に頼ってみる!

近頃は、姓名判断で命名するという人は減っているようですが、それでも、「悪い名前」と言われるよりは、「良い名前」と言われるほうが安心できますよね。自分たちで考えた名前の候補を判断してもらうのも良いですし、姓名判断の先生に良い名前をいくつか挙げてもらうという方法もあります。インターネットでも簡単に姓名判断ができるので、利用しても良いでしょう。順風満帆な人生が期待できる、素晴らしい名前が決められそうですよね。

ありふれた名前を侮ってはいけない!

せっかく命名するなら、ありふれた名前ではなく、個性のある世界で一つの名前を付けてあげたいと考える人も多いようですね。しかし、個性的な名前は、子供に負担をかけることも多く、親が考えるような人生を歩めないこともあります。きらきらネームは、両親に常識がないのではと思われることも多く、子供を不利な立場にしてしまうこともあるようです。ありふれた名前は平凡ですが、万人に愛される名前と言い換えることもできるでしょう。

子供の命名はその子の一生にかかるものです。自分たち夫婦だけの場合や、祖父母、姓名判断の占いや本、インターネットなど相談相手も様々です。