賢く廃車の手続きをしないと損をする!?廃車にまつわるノウハウをまとめました

一時抹消の手続きとは

一時抹消というのは、その名の通り一時的に登録を外す事です。登録を外すと自動車税が還付されるメリットがあります。従って自動車を廃車にする際には、まず最初にこの手続きを踏まないと損をする事になります。普通車での必要書類は、印鑑証明、車検証、OCRシートになります。代理人に頼む場合は委任状に実印を押せば受理してもらえます。軽自動車の場合は、車検証、OCRシートになります。軽自動車じは自動車税の還付はありませんが、次年度の自動車税を止める事ができます。

永久抹消のメリットとは

永久抹消は自動車の存在を完全になくす手続きです。無理にこの手続きを踏む必要はありませんが、永久抹消をする事によってメリットが発生します。車検が残っている普通自動車に限りますが、重量税の還付が受けれます。月単位で計算されますが、それなりの金額が戻ってくるので、なるべく永久抹消する事をオススメします。永久抹消をするには条件があります。それは解体証明が発行されないと手続きが出来ないという点です。解体業者がリサイクル券を通じて申告するので陸運局にはオンラインで情報が伝わります。解体業者から解体をした旨を聞いてから陸運局に行けば確実に手続きはできます。

廃車予定の自動車は少しでも高く売りましょう

一昔前は自動車を廃車にする際には、依頼者側が手数料を払っていましたが、今は逆で体業者がお金を払う立場です。廃車にした自動車は鉄として高く売れます。解体業者によっては部品取り車として各部品を販売しています。解体業者からの買い取り代金は、軽自動車の相場が10,000円未満、普通自動車は15,000円以上が相場になっています。自身で部品取り車としてネットオークションに出品すれば間違いなく、解体業者以上の値は付きます。是非、参考にしてください。

千葉の廃車のサービスは処分をする費用が掛からず、故障している場合でも高い値で買取が可能になっています。