日々の暮らしの中に楽器演奏を取り入れよう

優雅に楽器のある暮らしをしていこう

日常の生活を楽しくしてくれるものの一つに、音楽があります。子供の頃からピアノを習っていたという人もいますよね。実は、子供の頃から楽器を演奏することで、芸術的なセンスが高められるのだそうです。それに、大人になっても音楽を聴くのが好きという人は多いでしょう。音楽は、心を豊かにしてくれたり、ストレスを癒したりしてくれる効果があるのです。できたら、いつもつけっぱなしにしているテレビの電源をオフにして、1時間~2時間でも楽器を奏でることを楽しむ習慣をつけたいですね。

クラシック音楽を聴くと優しい心が育つ

今の若い人のなかには、クラシックにまったく興味がない人もいるようです。派手なロック音楽や歌謡曲に比べると、確かにクラシックは何だかかたいイメージがあるかもしれません。しかし、クラシック音楽を聴いていると、心がなごんできて他人に優しくなれるという魅力があるのです。ですから、積極的にクラシック音楽を聴くのがおすすめです。また、自分でピアノやフルートを演奏できるなら、そんな時間を増やしましょう。こうした楽器は、左右違った動きをすることで認知症の予防などにも役立つというパワーを持っています。

楽器演奏が上達したら他人にも聴いてもらおう

密かに子供の頃習っていたピアノを趣味で続けるつもりなら、たまにはステージの上で演奏して他人に聴いてもらいましょう。市や町の取り組みで、安い費用でそれが可能である場合もあります。たとえば、ピアノならたまには素敵なドレスを着てピアニストになったつもりでステージに上がって演奏するのです。きっと、それによってとても楽しいという感覚を味わうことができると思います。もちろん、あなたが大人であっても、充分にピアノ演奏を楽しんでいいのです。趣味として、楽しい気分を味わいましょう。

サックスを習いたい場合には、区民会館などでおこなわれている教室に参加すると、丁寧に習うことができます。