ジョギングと比較して、ヨガの特徴・効果をみてみると?

ヨガとジョギングを比較してみると?

最近は、ヨガが流行っていますが、ヨガというのは運動なのでしょうか?あるいは、瞑想なのでしょうか?ここでは、ジョギングと比較をしてみることによって、ヨガの本質に迫っていくことにしましょう。まず、ジョギングは動的ですが、ヨガは静的です。次に、ジョギングで大事なポイントは、いかに効率的に酸素を体内に取り込むかです。つまり、息を吸うことが大事になります。それに対して、ヨガでは、息を吐くことに重点が置かれます。

ヨガとは息を吐くこと?

つまり、息を吐く事によって、心は落ち着くのです。でも、考えてみれば、息を吸った後には、息を吐かなければならないわけであり、息を吐いた後には、息を吸わなければならないのであって、どちらも同じことを別の側面から述べているに過ぎないと言えるかもしれません。では、ジョギングとヨガのどちらが、より健康に良いのでしょうか?やはり、ジョギングができるくらいの体力がある人ならば、ジョギングのほうが健康には良いと言えるかもしれません。

ジョギングとヨガは、運動と休息の関係?

しかし、これは、ジョギング自体が体に良いというだけでなく、それによって睡眠が促進されるからという面もあります。つまり、運動をすれば、休息が深まるということなのです。ですから、ジョギングがいいのか、ヨガがいいのかという問題は、運動がいいのか、休息がいいのかという議論に通じるものがあります。ですから、普段から運動をし過ぎの人には、ヨガは効果的となりますし、逆に休息をとり過ぎの人には、ジョギングが効果的となるのです。

ホットヨガの埼玉ではインストラクターの丁寧な指導によって、脂肪を効率的に燃焼させて美しい体を目指せます。